Category Archives: China

南寧 3月13日―26日

This gallery contains 7 photos.

南寧(なんねい)で2週間 ベトナムビザ申請(※)の間、4、5日滞在するだけの予定だった南寧。結局2週間くらい滞在しました。というのも、前回ウィルが書いたように、私のアトピーがとても悪くなってしまったから。思えば南寧に着く数日前。なんとなく背中が乾燥して、そこからは悪くなる一方。痒さのあまり、夜は3時頃に目が覚め、そこから寝られず寝不足の毎日。何をするにも気分が冴えず、すごーーーーーいストレスでした。こんなに悪くなったのは今回が初めてです。旅の疲れや排気ガス、はたまた水?と、何が原因か考えを巡らたけど、心当たりが多すぎてよく分からず。ウィルに一度、東北の地震の報道から(この頃、中国でも毎日のように特番が放送されていました)受ける精神的なストレスなんじゃないか?と言われ、タイミングを考えると、そうかもしれないと思ったりもしました。 南寧到着から1週間。待ちに待った荷物がようやく届きました。私のはEMSで1週間、ウィルのは普通航空便でなんと3週間も掛かりました。母に送ってもらった薬を何度か塗り、ウィルにもよく助けてもらい、今はかなり良くなりました。夜もぐっすり眠れます。でもやっぱり薬に頼らないように、これを機会にいろいろ見直すことがありそう。特に、自転車旅行を続けるために一番大切なのは、通気性を保つことでしょうな。肌にいいと思い込んでいた綿製の服は、日常生活を送るのには気持ちいい素材ですが、運動には適さないと実感。一度汗をかくと乾くまでにとても時間がかかり、通気性がすこぶる悪くなるんです。化繊の服というと、肌に悪そうなイメージがあるけど、普通以上に汗をかくときはスポーツウェアに限ります。下着も同様。ということは夏場の体操服って、アトピーの子供にとってどうなんだろう、、、。 長くなりましたが、私たちが南寧でゆっくりできたのも、カウチサーフィンで知り合ったナンシー(詳しくは前回の記事を見てね)の好意があってこそ。4、5日の予定だったのに「よくなるまでいつまでもいてね。最長記録は12日だけど新記録作ってみる?」と、すっかり受け入れてくれました。彼女は、広西大学で英語を教えるアメリカ人の女性です。何度か授業にお供させてもらい、この旅のことを英語で話したりしながら学生さんと交流してきました。夜は同じくサイクリストのナンシーと、遅くまで自転車やこの自転車旅行の話をしたり、ウィルとナンシーは一緒にツール・ド・フランスのDVDを観て大盛り上がり(私はあまり知らないので)。香港のときみたいに、すっかり夜型生活に逆戻りです。南寧にはカウチサーフィングループがあり、ナンシーはその仕切り役といったところ。その中の何人かと一緒にお茶を飲んだり食事をしたり、鍋に誘ってもらったり。卓球やバドミントンをすることもありました。運動して喉が渇いたら、みんなさとうきびをガジガジかじってました。そうそう、大学内は学生向けに安い食堂が集まったDog Street(すごいネーミング!)と呼ばれるエリアがあり、麺類や餃子、ご飯ものなどがずらり。10元(120円)もあれば満腹になります。よくお世話になりました。 とにかく落ち着いた環境でリラックスして静養でき、本当に有り難かったです。ゆっくりできたおかげで、心行くまで自転車がメンテナンスできたしね。ナンシーはとってもチャーミングで素晴らしいホスト。ウィルは長く泊めてもらったお礼にと、彼女の自転車のブレーキパッドを交換したり、いろいろとメンテナンスしてました。そういえば南寧は結構都会なので、いい自転車屋さんがたくさんありました。ナンシーありがとう!今度は自転車でどこか一緒に旅行したいね! さてさてビザが1週間分無駄になってしまったけど、いよいよベトナムに入りです。中国入国後、この旅初めての国境越えに興奮してます! (この記事は少し遅れてますが、3/31現在ベトナムのハロン湾にいます。すぐ隣なのに中国とは全然違う!美味しい料理にベトナムコーヒー、強いビール(←中国と比べるとですが)、フランスとのミックスカルチャーを楽しんでいます。そのうち近況報告しますー。 ※15日以内の滞在であれば日本人はノービザでOKです。イギリス人は15日以内でも、観光ビザを申請する必要があります(2011年3/31現在)。ちなみに今回は最低1ヶ月はベトナムに滞在する予定なので、私も30日の観光ビザを申請しました。 Nanning – March 13th-26th We planned to stay in Nanning for 4-5 days while waiting for our visas for Vietnam, but actually stayed almost 2 weeks. The reason, as Will said … Continue reading

Gallery | Tagged , , | 5 Comments

Muddy roads and holdups ※日本語訳あり

This gallery contains 33 photos.

Guilin to Nanning – March 7th – 14th From Guilin to Nanning took us 8 days and about 600km. It could be done in less time and distance, but rather than heading straight down the main road we took for … Continue reading

Gallery | Tagged , , , , , | 3 Comments

Some more pictures…

Some more pics of our ride to Xingping and time spent there.

Posted in China | 3 Comments

Back roads to Guilin

This gallery contains 9 photos.

Xindu – Xinping  24th – 28th Feb From Xindu we rode to Hezhou. Only 70km on mainly flat roads we could have easily bypassed it, but Tamie was coming down with a cold (my cold) and it made sense to … Continue reading

Gallery | Tagged , , , , , , , , | 12 Comments

Diverting North

This gallery contains 8 photos.

Guangzhou – Xindu Feb 20th-23rd Today we entered Guangxi province. This will be the 8th province we will pass through in China (if you count Hong Kong). Unlike many of the other borders, on the top of mountain passes, we … Continue reading

Gallery | 2 Comments

香港−広宇 2月15日−21日

This gallery contains 9 photos.

香港-広州 2月15日-20日 ウィルと話し合って、もっとこまめにブログを書こうということになりました。しばらく頑張ってみます。 それと不思議なことに、香港から戻ると、中国国内でwordpressへのアクセスができるようになっていました!嬉しい。 香港を出た後、この旅初のバス移動で広州へ。というのも、あまりに大きな道が密集しすぎていて、広州までとてもサイクリングを楽しめそうではなかったから。それと自転車での香港・中国間の行き来は認められていないのです。自転車プラス大荷物の移動でかなり急いで頑張ったのに、、、イミグレーションは長蛇の列(外国人用の入境審査口がたったひとつ!!)。結局香港から深セン(ここが中国と香港のボーダー)まで乗ったバスは私たちを待っておらず、1時間近く次のバスを待つことに。。。その後4時間バスに揺られ、広州に到着。 道路のど真ん中に自転車とたくさんの荷物ごと降ろされ(汗)慌てて荷を積み、宿泊先のユースホステルを目指します。ところがこのユースの場所が分かりにくかった。地図で見たときはまあ20分もあれば着くかな。と高をくくっていたのに、結局着いたのは12時前。2時間近くも右往左往したことになります。ヘトヘトだったけど受付が24時間対応だったのが唯一の救い。翌朝散歩してみると、ユースの前の川を行き来する渡し舟発見。昨日私たちが着いた時間にはもう終わっていたはずだけど、なるほど、これにのればあのややこしい道を避けられるわけだ。。次からそうしよう、、、いつか。散歩の途中、結婚式の前撮りをしているカップルを発見。別に騒ぐようなことでもないか、、、と歩いていると、あっちにもこっちにもウェディング衣装に身を包んだカップルが!流行ってるのか、単に中国の人口が多いのか。知ってる人いたら教えてください。夜は川沿いのイルミネーションを見てみました。まあ、香港のそれには到底及ばないけどなかなかキレイでした。、、、決してエコではないですが。 広州は予想以上に大きな街。不便を感じることもあまりなく、安くて美味しい食堂も多く(これ重要)、キレイでいいサイズでした。香港に引き続き英語を話す人が多いのにも驚きました。 広州-四会 2月20日 予定より長く滞在した(5泊)広州のユースホステルを後にし(結局5泊した)、目指すは桂林。中国の山水画に出てきそうなおもしろい形の山々が見られるらしい。2週間も滞在したせいで香港生活にすっかり染まってしまい、、、出発したのはお昼の12時前でした! ところで、中国のユースホステルは格安(ドミひとり300−500円、ツイン1室1200−1800円くらい)の上に、設備やサービスがとてもいいでんす。いつも多くの中国人グループや海外からのパッカーでにぎわってます。日本のユースもこんな風になってくれたら、もっと多くの人が、もっと安く旅行できるのになー。と思ったり。。宿もその方が活気があっていいではないか。 さて、広州市内からこの日の目的地である四会市までは、やっぱり大きな道が続きました。そんなに交通量は多くないけど、排気ガスや車のクラクションで久々の長距離ライドは結構疲れました。宿に着くと買い物を済ませ、部屋でカレー風味の炊き込みご飯を作りました。その後バタンキュー。 四会の街はいい感じに活気があり、宿の下に合った蒸飯屋さん(蒸篭に肉や魚、野菜を載せ蒸したご飯。私たちの大好きな広東料理です)は、アウトサイドシートをいくつも出して夜中の12時過ぎまでわいわい。いいねー、こういうの好きです。朝は5時半に爆竹の音で目が覚めましたが。。。 四会−広宇 2月21日 爆竹にたたき起こされたにも関わらず、結局起きたのは10時前。しかもウィルがしんどそう。香港で(多分)インフルエンザにかかったウィル。まだ完治していないのです。ぶり返してもいけないので様子を見つつ、今日はあまり遠出しないことに。60キロほどのライドになりそうです。 昨日に比べると少し道が落ち着き、田舎の山々や田園風景が戻ってきました。お昼はピーマンが入った炒り卵とご飯。目的地の広宇に着く直前に、ウィルが少し不調を訴えたので、今日は少しいいホテルに泊まりました。といってもツイン1室100元(約1200円、ひとり頭600円ほど)です。夕飯は近所の蒸飯屋さんで、私は豚肉餅(ハンバーグみたいなもの)と漬物の、ウィルはチャーシューと野菜の蒸飯を注文。それと私たちが最近はまっている鶏肉のスープも。ところが、注文を間違えたのか、来たのは亀のスープ。最初は鶏?かな??と思ってだましだまし食べてみたけど、どう見ても、どう考えても亀!何も考えないよう食べました。まあ美味しかったです。ウィルの風邪に効くかもしれないし。さて、今日は早く寝てゆっくり休むとします。

Gallery | 2 Comments

Hong Kong

This gallery contains 50 photos.

There are a few ways to get into Hong Kong from Shenzhen and riding your bicycle is not one of them. Even though Hong Kong is now formally part of China, it doesn’t feel much like it. In fact it … Continue reading

Gallery | Tagged | 4 Comments